Associate

アソシエイト

Profile

若手アソシエイト

2015年にITコンサルティング会社に入社し、システムの導入・運用コンサルティングを担当。2017年にCDIソリューションズ入社。アソシエイトとして調査や資料作成等に従事。

第一線で活躍する
コンサルタントを目指して

私は現在アソシエイトとして、主にプロジェクトのケースリーダーのもとで調査や資料作成等の業務を担当しています。

前職へは新卒で入社し、約2年半ITのスペシャリストとしての教育を受けてきましたが、その中でBPRという分野の重要性を感じ、将来はクライアントをトータル的に支援できるコンサルタントとして活躍したいとの思いから、戦略コンサルティングファームであるコーポレートディレクション(CDI)グループの一社であるCDIソリューションズ(CDI-S)に転職しました。

学ぶ環境はグループ全体にある

CDI-Sは組織が大きくないため、自分の希望と努力次第で様々な案件を担当できる可能性があります。また、業務改革やIT構想策定の案件がメインですが、時には戦略要素のある案件に関わるチャンスもあります。もし分からないことがあっても、学ぶ意志さえあれば上司や先輩はいくらでも付き合って教えてくれますし、場合によっては一緒にチームで仕事をすることもあるCDIの社員に、資料を添削してもらうこともできます。

加えて、CDI-SやCDIでは不定期に自由参加型の勉強会が開かれており、社内の先輩コンサルタント達が仕事をする中で得た知識や知見、その他個人的に研究したテーマ等を共有してもらえるので、まだ経験の少ない自分にとってはコンサルタントとしてのキャリアを積む上でとても勉強になります。そういった、知的財産の共有やコミュニケーションを大事にする社風は、CDIグループ全体の特長ではないでしょうか。

クライアントのニーズに
応えられる体勢づくり

CDI-Sでは、アソシエイトと言ってもコンサルタントのサポート業務ばかりといった下積み期間はなく、はじめから先輩と一緒に実践の現場へ送り込まれるため、仕事に対する熱意と努力は相当必要ですし、大変なこともたくさんあります。しかし、だからこそ達成感は高く大きなやりがいを感じられるのだと思います。

この環境を活かし、クライアントが求める以上の付加価値を提供できるコンサルタントとして、一日も早く先輩方のように活躍したいです。また同時に、企業からのニーズが高いこの領域を扱うコンサルティングファームとして、今後CDI-Sのさらなる組織拡大と強化に取り組みたいと考えています。